ブドウ膜炎

連なった組織で起こる炎症

ブドウ膜というのは、虹彩、毛様体、脈絡膜の三つの総称です。

このように呼ばれる理由は、色素細胞が多く含まれてことにより、ブドウの果皮のような見た目をしていることから命名されました。

また、ブドウ膜炎と言っても、大きく二種類が有り、虹彩や毛様体に現れる症状を”前部ブドウ膜炎”、脈絡膜に現れる症状を”後部ブドウ膜炎”に分けられます。

ですが、組織が連なっている為、症状が合併して起こることが多いようです。

症状の進行が早い感染性と比較的ゆっくり進む非感染性の症状があります。具体的な病名では、ベーチェット病、サルコイドーシズ、真菌性眼内炎、桐沢型ぶどう膜炎、外傷後細菌性眼内炎などがあります。

ブドウ膜炎に含まれる虹彩毛様体炎が起こると、明るさを調節することができなくなり、まぶしく感じたり白目が充血したりします。

また、脈絡膜が炎症すると網膜に炎症が及ぶ事が有ったり、状況によっては、視神経が侵されて重大な視力障害に繋がる場合もあるようです。

ブドウ膜炎も危険な眼病です。

この病気の主な原因は、細菌やウイルス等の感染症によるものと免疫反応によるものがあります。

ブドウ膜は眼球内部なので、外部から直接影響が来るということはあまり考えられず、他の組織から病原菌が移行してくることが考えられます。

過去に風邪以外の感染症を引き起こした事で細菌が侵入し、ブドウ膜炎を引き起こす事が有るようです。