飛蚊症

黒い点やホコリのようなものが浮遊為て見える症状

視界に黒や半透明の浮遊物が見える視野障害が飛蚊症です。

飛蚊症自体は病気ではなく、老化現象の一つとして発症する事が大半です。

黒い点や半透明のホコリ。アメーバのようなものなど、飛蚊症を発症している人によりさまざまな表現がされます。

名称の由来は、蚊が飛んでいるように見えるから。そう考えると、黒い点が最も適しているかもしれません。

原因は、老化現象。誰でも発症するもので失明リスクが無い事から、病院で治療してもらう事も有りません。

「単なる飛蚊症ですね。」と言われ、何も処置されないだけです。

また、老化によって引き起こされるので『生理的飛蚊症』とも呼ばれます。

生理的飛蚊症の場合は、加齢とともに少しずつ症状が進行し、最初は、一つや二つだったものが、次第に数を増やしていきます。

進行速度も人それぞれで個人差が有ります。

基本的に悪くなっていく事は有っても、改善する事は無いかもしれませんが、サプリメントなどを活用する事で改善してきたという情報も有るので、試してみる価値はあると思います。

特に、ルテインやアントシアニンなど、眼球内の抗酸化力に関わっている色素成分は、改善する可能性を秘めているようです。

症状の進行が抑えられるだけでも試す価値はあると思います。もしも改善すれば、儲けものです。

また、半透明の浮遊物は、硝子体膜を構成しているコラーゲン繊維であるという情報もありますので、この辺りも改善のヒントとなるかもしれません。