角膜に関わる症状

角膜びらん

角膜の表面が部分的にはがれてしまう状態を角膜びらんと呼びます。角膜の表面を肌を擦りむくように、めくれてしまうのです。角膜びらんになっても、血管が通っていない組織なので出血はしません。

症状も軽度なものが多く、角膜びらんによって視力障害が起こされる心配はありませんが、人によっては何度も再発してしまう場合もあり、一度角膜の表面がはがれてしまうと、繰り返しやすくなってしまうようです。

原因の多くは、外的な事が関係していて、角膜に異物がぶつかったり、コンタクトレンズの脱着を何度も繰り返していくうちに、引き起こされる場合。中には糖尿病の合併症として発症する場合も有るようです。

自覚症状として、目周辺の異物感や痛み、白目の部分が充血したり、または涙が出やすくなるなどがあります。目に異物感を感じると、指で触れようとする人がいるかもしれませんが、角膜びらんの場合には、その表面の組織がはがれているのでヤメましょう。

治療方法は、症状が軽度であれば、感染症予防に有効な抗菌点眼薬の使用。通常であれば、抗菌効果の有る眼軟膏をして眼帯で保護することで傷口の回復を待ちます。そうすることで数日で回復することができますが、再発を繰り返すような場合は、保護用のソフトコンタクトレンズを着用することも有るようです。

再発すると言っても何度も繰り返していくうちに、次第に再発しなくなるのが普通なようなので、そこまで心配はないかもしれません。

角膜炎

角膜の表面に炎症が起こった状態を総称して角膜炎と呼びます。一概に角膜炎と言っても、さまざまな病気が含まれます。眼科で診断されると、そのまま角膜炎と呼ばれる事が多いようです。

角膜炎の原因として良くあるものは、ウイルスや細菌による影響。または、角膜にものが飛んでぶつかる事。他にもコンタクトレンズによって傷が付けられる事などあります。そして、ドライアイも角膜炎を引き起こす原因の一つです。

コンタクトレンズを毎日のように付けている人も多いですが、職場での強いエアコンなどが原因でドライアイが引き起こされやすくなっています。角膜炎の自覚症状として良く起こるのは、視力の低下や痛みを実感する事。または、異物感が継続する事でも自覚する事が有ります。

病気を調べる場合は、スリットランプ検査、視力検査、眼圧検査等が行われます。治療方法は、これも原因によって処置が異なりますが、主に点眼薬を用います。

翼状片

翼状片とは、角膜(黒眼)に結膜(白眼)が侵入してくる病気で、まるで、半透明のフィルターを角膜の上に被せられたような状態になります。侵入の方向は、基本的には鼻側(顔の中心側)からなのですが、耳側(顔の外側)から侵入してくるケースも有ります。

または、両側から侵入してくる事も有るようなので、結局、全方向から翼状片になるようです。翼状片は、瞼裂斑がきっかけで発症する事もあるようですが、いずれにしても、原因は紫外線が大きく、屋外労働者に多い傾向が有るとのことです。

また、日本では地域性に特徴が有り、緯度の低い沖縄県での発症傾向にあると言われているのですが、紫外線の強さや照射時間が関係しているように思えます。自覚症状は、徐々に結膜が角膜側に伸びてくるのがすぐわかるので、発見は比較的容易です。

また、侵入してきた結膜は、基本的に赤みがかっています。すぐに治療しなくても失明に至る事は有りませんが、処置が遅れる事で角膜中央まで翼状片が進行し、ものを見るのが困難になる危険性も有ります。

角膜の端から3mm程度の長さになると、結膜自体を切除する手術と角膜の混濁部位の切除も行う必要が出てくる為、術後に不正乱視となる場合もあるので注意が必要です。また、一度発症すると手術により取り除いても再び再発する場合も多いので、術後も継続して気をつけていかなくてはなりません。