黄斑に関わる症状

加齢黄斑変性症

加齢に伴って発症割合が増えることから加齢黄斑変性症と呼ばれています。

この病気になると、視力の中心にある黄斑が膨らみ視界の中心が歪んで見えるようになりそのままの状態で放置しておくと、次第に失明に至ってくるという病気です。

網膜の下にある脈絡膜で新生血管ができ、それが壊されて内出血のような状態を繰り返すことで黄斑変性症の症状が進行していきます。自覚症状として、視野の中心が歪んで見えるようになったり、黒い点となって何も見えない部分ができてしまうことがあります。

加齢黄斑変性症には、乾燥型と滲出型の2種類があり、日本人に増えているのは、後者の方です。また欧米人には乾燥型が多いと言われています。これらの大きな違いは、乾燥型は硝子体が関係しているものであり、滲出型は、血液が関係しているという事です。

新生血管とは、本来は必要無い血管が眼球内で活性酸素などが多く発生することでできてしまい、血管自体ももろいので、できては壊れるを繰り返してしまいます。するとその度に出血が起こり、それが脈絡膜にコブを作る原因となり、それが黄班周辺で引き起こされることから、このように呼ばれています。

症状の進行は比較的ゆっくりとしていきますが、場合によっては急激に出血を伴うことも有るので油断することはできません。治療方法には、かつては熱線によって新生血管ごと黄班組織を焼き付ける方法が用いられてきましたが、今では、光線力学的療法や抗VEGF薬投与により症状の進行を抑制する方法が可能となっています。

しかしどちらも一時的なしのぎ方法に過ぎないのが現状です。加齢黄斑変性症の原因は加齢に伴って必然的に増えるとは言われていますが、喫煙との関係性も高いと言われています。

また、眼球内で活性酸素が多い状態が続くと発症リスクも高くなると言われているので、それを防ぐ為にも、黄班部に多く存在する抗酸化成分のルテインを摂取することで、症状を改善することが出来ると言われています。実際に、アメリカなどでは、加齢黄斑変性症の治療薬としてルテインを用いているところも多いようです。

黄斑円孔

黄班部分に穴が開いてしまう病気が黄班円孔です。黄班は、視界の中心に位置する組織なので、そこが見えにくくなると非常に物が見づらいと感じるようになります。黄班円孔は、硝子体が老化し硝子体膜の一部が黄班と癒着した状態で硝子体収縮が起こると、引っ張られて傷がつき穴が開いてしまう状態です。

自覚症状は、ものが歪んで見えるようになります。そのまま処置せずに進行が進んでいくと、視界の中心に向かって周囲の者が吸い込まれるような見え方へと発展し、同時に視力の低下も引き起こされます。

円孔部分などのようになっているかの確認は眼底検査行えばすぐに見つけることができますが進行度合は4段階に分けられて設定されています。黄班円孔の治療方法は、後部硝子体脂質を網膜の表面から剥がすことで9割がたの改善が見込まれますが、手術中に眼球内に気体を注入する必要があるので数日間うつ伏せ状態で過ごさなくてはいけません。

目だけでなく、体にも負担になる辛さがあります。

黄斑上膜

黄班変円孔と似ていますが、老化によって硝子体収縮が起こりその際に黄班と硝子体皮質に癒着があると硝子体皮質の一部が黄班に取り残されてしまうことがあります。

すると、黄班に薄い膜がかかった状態になり、それが視界にも反映されガスがかかっているように見えることがあります。これが、黄斑上膜です。

更に、取り残された硝子体皮質が収縮し始めると黄班にシワがよったり水が溜まることがあります。すると、それが原因で視界が歪んだりかすんで見えるようになってしまうことがあるのです。黄班上膜の症状確認方法は、眼底検査で容易に行うことが可能です。

また、OCTという検査によって、網膜が断層でどのようになっているのかも確認することが可能となります。この症状自体は、硝子体収縮によって引き起こされるものなので、網膜自体に何らかの病気があるわけではないので進行スピードは遅く、慌てる必要はありません。

まずは症状を確認する為眼底検査などを行い、その後、どのように対処していくのが妥当なのか担当医と話し合う必要があります。