硝子体に関わる症状

硝子体出血

網膜に傷が付くことで血液が硝子体内に入り込む事があります。この状態が硝子体出血です。硝子体出血と言っても、硝子体そのものは血管の通っていない組織なので出血しません。しかし、網膜には血管が通っているので、病変により出血を起こす事があります。

また、眼球に強い衝撃を受ける事で網膜裂孔や剥離を起こす事でも出血が起こる場合が有ります。網膜の出血の中では、糖尿病網膜症は特に注意しなくてはなりません。また、硝子体内が濁ると視界がクリアに見えない視野障害を引き起こします。この状態を硝子体混濁と呼びます。

直接的な原因のある特定の病気というより、硝子体の中に不純物が混ざり視野障害が起こる。その状態と考える事が出来ます。なので、飛蚊症も硝子体出血もどちらも硝子体混濁の一つと捉えられます。

ですが、目の中が濁るのは、これら以外にもあります。眼球内部に細菌が侵入すると、硝子体を温床として数を増やしていきます。すると、ブドウ膜炎を引き起こします。硝子体混濁が初期症状として現れる事もあるのです。

硝子体収縮

眼球内を満たすゲル状組織を硝子体と呼びますが、加齢とともに水分を蓄えにくくなります。すると、水分が硝子体から抜け出し、次第に体積が減っていく事があり、この状態を焼死体収縮と呼びます。

硝子体というのは、体内で最も透明度が高く、実に99.8%とも言われている程です。この光の透過度が有るお陰でものを見る時に不自由しないのです。しかし、加齢とともに組織が変性し、内部に液化スポットが出来てしまう事があり、そのスポットから硝子体膜に穴が開き水分が漏れ出してしまうのです。

すると体積が減り始め、硝子体収縮となります。さらに、大半が硝子体の眼底側(網膜・目の後ろ側)で引き起こされる為、後部硝子体剥離に該当するようです。後部硝子体剥離の厄介なところは、硝子体膜と長い年月接している網膜の一部に癒着している部分があるケースです。

場合のよっては、網膜裂孔を引き起こしたり、そこから網膜剥離へと発展する恐れもあるのです。他にも黄斑上膜のきっかけともなり兼ねません。単なる硝子体収縮だけなら、そこまで心配要りませんが、網膜との関わりによっては、手術が必要となるかもしれないのです。